DHCP

Windows Server 2016 DHCPデータベースの管理

今回は、Windows Serverを使ったDHCPの管理において、最も重要であるデーターベースの管理について解説します。 DHCPデータベースには、IPアドレス リースに関する情報が格納されています。 DHCPサーバーをホストしているマシンのHDDやその他ハードウェアが故障してしまった場合、復旧前の状態に復旧する必要があります。 そのためにも、DHCPデータベースの管理(バックアップ、復元など)を習得しておく必要があります。

Windows Server 2016 DHCPリレーエージェントの構築

DHCPクライアントがDHCPサーバーを探索する際に使われるのがブロードキャストのため、ルーターを超えてIPアドレスを取得することが出来ません。 そのため、サブネット毎にDHCPサーバーを配置する必要があり、数が多ければ多いほどコストがかかります。 そこで登場するのがDHCPリレーエージェントです。

Windows Server 2016 DHCPの構築

今回は、Windows Server 2016 でDHCPサーバーを構築していきましょう。 DHCPサーバーの構築は、難易度も低いですし、作業時間もさほど掛かりませんので是非ご自身の環境にも立ててみてください。 今回構築する環境では、ADのメンバーとしてDHCPサーバーを構築していきます。 ADドメイン内の環境でDHCPサーバーを使用するには、必ずメンバーサーバーとして構築しましょう。

Windows Server DHCPとは?

パソコンやスマホなどの通信機器を扱うにあたって、必要なのがIPアドレスです。 パケットを届けるためには通信機器のIPアドレスという言わば住所が分からないと届けることが出来ません。 但し、クライアントにIPアドレスを設定させるのはちょっと敷居が高いなぁということで登場したのがDHCP(Dynamic Host Configuration Protocol)サーバーです。