Beginner講座

6/9ページ

Windows Server 2016 DHCPデータベースの管理

今回は、Windows Serverを使ったDHCPの管理において、最も重要であるデーターベースの管理について解説します。 DHCPデータベースには、IPアドレス リースに関する情報が格納されています。 DHCPサーバーをホストしているマシンのHDDやその他ハードウェアが故障してしまった場合、復旧前の状態に復旧する必要があります。 そのためにも、DHCPデータベースの管理(バックアップ、復元など)を習得しておく必要があります。

Windows Server 2016 DHCPリレーエージェントの構築

DHCPクライアントがDHCPサーバーを探索する際に使われるのがブロードキャストのため、ルーターを超えてIPアドレスを取得することが出来ません。 そのため、サブネット毎にDHCPサーバーを配置する必要があり、数が多ければ多いほどコストがかかります。 そこで登場するのがDHCPリレーエージェントです。

Windows Server DNS ゾーンについて

DNS DNSゾーンとは

DNSは一つ以上のゾーンをホストしており、ゾーンに含まれている各レコードに基づいて名前解決を行っています。 そのゾーンにも様々な種類があり、それらを理解した上で選別していかなければなりません。 また、DNSにはゾーン転送と呼ばれる、ゾーン情報を他DNSに転送するといった操作も存在しており、その際にプライマリやらセカンダリ、スタブなどの用語をきちっと理解しておかなければなりません。 今回は、Windows Server DNSにて取り扱えるゾーンの種類について詳しく解説していきます。

DNS リソースレコードについて

DNS PTRレコード

これまで、DNSのリソースレコードについては、AレコードおよびSRVレコードに関しては触れていたのですが、その他リソースレコードについてはご紹介出来ずでしたので、まとめてみました。以下が最も一般的なレコード達です。

Windows Server 2016 DHCPの構築

今回は、Windows Server 2016 でDHCPサーバーを構築していきましょう。 DHCPサーバーの構築は、難易度も低いですし、作業時間もさほど掛かりませんので是非ご自身の環境にも立ててみてください。 今回構築する環境では、ADのメンバーとしてDHCPサーバーを構築していきます。 ADドメイン内の環境でDHCPサーバーを使用するには、必ずメンバーサーバーとして構築しましょう。

1 6 9