Office365に独自ドメインを追加する方法

どうも、Miyaです。

前回は、Office365の試用版を申し込んで、Myテナントを作成しましたが、ドメイン名がonmicrosoft.comとなっており、ログイン名としても、メールアドレスとしても企業で扱うには不適切なドメイン名ですよね。

そこで、Office365テナントに、独自で所持しているドメインを追加して、承認済みドメインとして扱えるようにしていきます。

ちなみに、私は検証用として、お名前.comで一つのドメインを所持しているので、それをOffice365へ追加していきます。
ドメインの取得は、種類にもよりますが、年間で見てもかなりお求めやすいお値段ですので、皆さんも一つぐらいドメイン持っときましょう♫笑

スポンサーリンク:

独自ドメインの追加方法

まず、https://portal.office.com/から管理者アカウントでログインしましょう。
Office365

[管理者]メニューをクリックします。
Office365

[設定]⇨[ドメイン]をクリックします。
Office365

[ドメインの追加]をクリックします。
Office365

独自ドメインを入力します。
Office365

契約しているドメインのWhois情報で登録しているメールアドレスでの確認か、ドメインにレコード書いて確認するかを選べます。
Office365

TXTレコードまたはMXレコードで確認ができますが、特に理由がない限り、TXTレコードで確認するようにしましょう。
Office365

契約しているDNSに先ほど提示されたTXTレコードを登録します。
このレコードをOffice365から確認できた時点で、「ドメインの所持者」として認められます。
Office365

Office365に戻って、[確認]をクリックします。
Office365

TXTレコードが確認できると次へ進みます。
進まない場合、レコードの反映に少し時間が掛かっている可能性があります。

次に進むと、ドメインの管理方法について選択します。
[自分で独自のドDNSレコードを管理する]にしておきましょう。
オンラインサービスを選択すると、その後のDNS設定は特に触らなくて良いのですが、name serverを変更する必要があるので、あまりお勧めできません。
Office365

次に、Office365のサービスを利用するにあたって、必要になるDNSレコードが提示されます。
独自ドメインをホストするDNSに設定する必要はもちろんあるのですが、内部DNSを利用している環境であれば、内部DNSにも追加しておきましょう。
Office365

ちなみに、ここに記載されている各DNSレコードを説明した公開情報がございますので、よければ参考にしてください。
Windows ベースの DNS を使って Office365 の DNS レコードを作成する

独自ドメインに変更しよう!

Office365にドメインも追加できましたし、ユーザーのUPNやメールアドレスを変更しましょう。

変更したいユーザーをクリックして、[ドメイン]を追加した独自ドメインに変更しましょう。
Office365

追加したドメインが規定のドメインとして、設定されていれば、プライマリメールアドレスも独自ドメインに変更されているはずです。
office365

おわりに

これで、ユーザーのログイン名や、メールアドレスとして***@<独自ドメイン>として扱えるようになりました。
しかーし、未だクラウドIDのまんまです(´・ω・`)

次回は、AADConnectという機能を利用して、オンプレAD⇨AzureADにディレクトリ同期を実行して、認証をオンプレADで実施させるようにしたいと思います。

それでは、よいOffice365ライフをっ♫

スポンサーリンク