Office365を始めよう! ~Office365の試用版申し込み方法~

どうも、Miyaです。

ここ最近、オンプレで活躍してきたExchange ServerやSharePointをOffice365に移行したい!なんて要望が多くなってきました。
オンプレサーバーのリプレースになると、オンプレかクラウドか…って悩みますよね。

Microsoftでは、Office365の評価または試用版ということで、誰でも無料の30日間お試しアカウントを払い出してくれます。

本カテゴリの記事では、Office365の評価版を触りながら、Office365のご紹介をしていこうと思います。
そのためにも、まずは本記事を参考にOffice365試用版を申し込みましょう♪

スポンサーリンク:

Office365とは?

Office365とは、MicrosoftのExchangeやLync(Skype for Business)、SharePointなどのサーバー製品をクラウドとして提供しているサービスです。

Office365には、特典がたくさんあります。
一番の魅力はやはりExchange Onlineのメールボックスの容量や無制限なアーカイブメールボックスですかね(´_ゝ`)笑
Title:Office365のプラン比較
https://products.office.com/ja-jp/business/compare-more-office-365-for-business-plans

ライセンスにもよるのですが、一人あたり100GBの容量が確保されているため、ほぼほぼメールボックスの容量を気にする必要なくお仕事が出来ます。
これをオンプレで用意しようとなると莫大なストレージが必要ですよね(´_ゝ`)笑

また、クラウド全体に当てはまることなんですが、各サービスをクラウドに移行することで、オンプレ特有の運用・保守は軽減もメリットですね。
但し、クラウドにはクラウドなりの運用・保守のしんどさがあります(´_ゝ`)

例えば、Office365側のサーバーのアップグレードは、我々の要求には一切答えず行われます。
アップグレードによって、今まで使用していた機能が使えない!や作りこんだスクリプトが動かない!なんて小さな問題も発生するでしょう。
また、ある日を境にクライアント要件をぐーーっんと上げることもあるでしょう。
Office365 ProPlus に関する更新 – Microsoft

クラウドサービスについていくための運用が必要ですので、その辺りを許容するのかしないのかが決め手だと思います。

Office365評価版の申し込み

Office365を実際に触ってみたい!という要望に応えたのが、Office365の評価版テナントです。
評価版テナントといっても、実態は、本サービスと何ら変わりなく使えるため、検証環境としても使えちゃうので、かなり助かります。

Office365を個人で契約しようとすると、結構なお値段です。
すべての一般法人向け Office365 プランの比較 – Microsoft

また、Office365の評価版では、なんとE3ライセンスが付与されるます。良心的ですね。

それでは、申し込みしてみましょう。下記URLから申し込み可能です。
https://signup.microsoft.com/Signup?OfferId=467eab54-127b-42d3-b046-3844b860bebf&dl=O365_BUSINESS_PREMIUM&culture=ja-JP&country=JP&ali=1?Origin=JPNCommercial
Office365

諸々手続きが終わると、全体管理者のアカウント名・パスワードを決めます。
onmicrosof.comのサブドメイン名は変更できないのでご注意を。
Office365

しばらく待つと、ポータルページに自動ログインされます。
もしくは、https://portal.office.com/にアクセスしてログインしましょう。
各サービスのセットアップに結構時間がかかるので、しばらく待ちましょう。
Office365

[管理者]からOffice365管理ポータルページに行きます。
Office365

右ペインメニューから[ユーザー]から[アクティブなユーザー]をクリックします。
Office365

テナントに作成されているユーザー一覧が表示されます。
今は先ほど作成したテナント全体管理者しか存在していません。
Office365

[+ユーザー]から新規ユーザーの作成してみましょう。
は必須ですので、入力しましょう。
Office365

ユーザーに与える権限や、パスワード、製品ライセンスを設定し、新規作成しましょう。
Office365

IEからログインしましょう。
https://portal.office.com/からログインします。
Office365の接続ではセッションが残るため、IEを起動し直すか、Ctrl+Shift+Pでプライベートブラウザを起動しましょう。
Office365

これで、作成したユーザーからOffice365へログイン出来ましたね。
ここで注目していただきたいのが、[管理者]メニューが削除されている点です。
Office365

これは、作成したユーザーの役割を[ユーザー]としているからです。
さて、試しに[メール]からWebブラウザからアクセスできるExchange Onlineの機能であるOutlook on the Webを利用してみましょう。
Office365

もちろん、Outlookからも接続可能です。
Office365の試用版の申し込み

おわりに

Office365 試用版ですが、Office365機能を存分にお試しすることが出来ます。
しかも、試用版⇒製品版への切り替えも可能となっているので、まずは試用版を導入することを推奨します。

現状のままではクラウドID(Office365上のAzureADでIDを管理)ですので、規模の大きい企業で扱うには不適切ですし、ドメイン名が[***.onmicrosoft.com]となっているので、メールアドレスもあまり好ましくありませんね。

次回は、Office365に独自ドメインを追加したいと思います。

それでは、よいOffice365ライフをっ♪

スポンサーリンク