Exchange Onlineに繋がらない!? トラブルシューティングツールのご紹介

どうも、Miyaです。

Office365の一つで今大人気のExchange Onlineですが、Outlookからの接続で何かと問題が起きます。
よくあるのはAutodiscoverが引けないかで、メールボックスが探せないや予定表が開けないとかとか…(´_ゝ`)
Exchange Remote Connectivity Analyzer
そんな時にOffice365のSRに問い合わせを投げると色々と案内をしていただけますが、お問い合わせ窓口の方々も情報が無いと厳しいです。
まずは、ご自身で事象が発生している端末で情報を収集して、それを添付して問い合わせることで、早期解決へと繋がるでしょう。

今回は、Microsoft社が用意しているトラブルシューティングツールをご紹介します。

スポンサーリンク:

トラブルシューティングツール

トラブルシューティングツールは複数あります。
それぞれ、収集できる情報が異なりますので、出来れば全てのツールを試してみましょう。
試した結果を、HTMLなどのレポート形式で出力できたりしちゃうんで、そこからどこのフェーズでつまづいているのかを特定できます。

Office365 Support and Recovery Assistant

まずは、Outlookクライアントからプロファイルが作成できない等の問題の切り分けとして、本ツールを使用するとよいでしょう。

こちらからツールのダウンロードしましょう。
ExchangeOnline

ダウンロードしたファイルからインストールします。
ExchangeOnline

アプリケーションを起動し、[高度な診断] を選択し、[次へ] をクリックします。
Office365 Support and Recovery Assistant

[どの高度な診断を実行しますか?] 画面で、[Exchange Online] を選択します。
Office365 Support and Recovery Assistant

[実行する診断をお選びください] 画面で、[認証チェック] を選択します。
Office365 Support and Recovery Assistant

問題が発生している端末で実行していることを確認して、[はい] を選択します。
Office365 Support and Recovery Assistant

該当欄に事象が発生しているメールアドレスとパスワードを入力します。
Office365 Support and Recovery Assistant

問題が生じた際は、エラー画面が表示されるため、その情報をサポートに提供しましょう。
Outlookからの接続の一連の動作をテストしてくれます。
下の画像は、問題が発生していないパターンになります。
Office365 Support and Recovery Assistant

Exchange Remote Connectivity Analyze

Exchange Remote Connectivity AnalyzeはWEBブラウザで実施できるツールになります。
また、結果をHTMLとして出力できますので、それをサポートに投げることで問題の特定の助けになります。

こちらにアクセスしましょう。
Office365 Support and Recovery Assistant

[Office365] タブからOutlook Connectivityを選択します。
Exchange Remote Connectivity Analyzer

ユーザ名、パスワードを入力しましょう。
Exchange Remote Connectivity Analyzer

テスト結果が表示されますので、右上からのアイコンからHTMLファイルへ出力しましょう。
Exchange Remote Connectivity Analyzer

先ほどのOffice365タブから、AutodiscoverやFree/Busyなどの正常性確認も出来ますので、問題が発生している箇所に沿ったテストをしましょう。
Exchange Remote Connectivity Analyzer

また、その他にも[Client]タブからMicrosoft Connectivity Analyzerをインストールして、テストも出来ますので、お試しあれ。
Exchange Remote Connectivity Analyzer

Outlookから行える接続の確認

また、Outlookから簡易的な接続の確認が行えます。
Outlookを起動して、問題が発生しているプロファイルを選択しましょう。

タスクトレイにOutlookアイコンが表示されているはずなので、Ctrl+右クリックで[接続状態]を選択します。

今接続しているメールボックスやリソースメールボックスへの接続状態が確認することができます。

また、OutlookクライアントからAutodiscoverフローを確認することができます。

Autodiscover通信に成功しているか否か、どんな順番で自動検出がされているのかを確認することができますね。

スポンサーリンク