【Office365】 脱ADFS!! 次世代の認証機能まとめ -其ノ壱-

今回はいくつかに分けて、昨年GAされた「パススルー認証・パスワードハッシュ同期・シームレスシングルサインオン」の3つを記事に纏めていきます。 少し「いまさら?」感があるかもしれませんが、3つの機能名を最近になってよく耳にするようになったので、一度まとめておこうと思いました。

Exchange Onlineで会議室/備品を導入する際の検討すべきポイントを紹介 ~アクセス権とポリシー~

Exchange Onlineの会議室や備品などの「リソースメールボックス」は、追加ライセンスが必要なしに構成できるため、ありがたい機能です。 ですが、おしいところに手が届かないMicrosoft。会議室予約もアドレス帳の不格好な点や会議室の制御が要望に満たせないためにサードパーティのシステムを採用するお客様も多くいらっしゃいます。 本記事では前回の記事に引き続き、Exchangeを会議室予約システムとして構成するための検討ポイントをご紹介します。

Exchange Onlineで会議室/備品を導入する際の検討すべきポイントを紹介 ~命名規則とアドレス帳~

さて、今回はExchangeが提供するサービスのひとつである会議室/備品の予約機能を導入するにあたって検討すべきポイントを纏めてみようと思いました。 本記事は第一弾として、利用者の使いやすさを考えた命名規則や、アドレス帳の管理についてを記載しています。

AD FSのサインイン画面をカスタマイズ+パスワード変更サイトの有効化

これまでAD FS+Office365のフェデレーションIDの構成について説明してきましたが、リダイレクト先のサインイン画面って利用者に対して少し不親切だと思いませんか? 本記事では、AD FSのサインインページのカスタマイズ+社外からでもパスワード変更ができるようパスワード変更ページのリンクを張り付ける方法をご紹介したいと思います。

1 2 15