Outlook 2013で「内部サポート機能がエラーを返しました」ダイアログが表示される事象

どうも、Miyaです。

先日、Outlook2013の連絡先グループをいじっていたら、あまり見かけないエラーが発生しました。
エラーメッセージは、「内部サポート機能がエラーを返しました」というエラーでして、どうやらサーバー側ではなくOutlookの機能として何らかの原因からメール送信をストップさせているみたいです。

スポンサーリンク:

事象

Outlook2013でメールの新規作成→宛先(CC、BCCも同様)に連絡先グループを追加して、メール送信を行おうとすると「内部サポート機能がエラーを返しました」ダイアログが表示され、メール送信が出来ない。
内部サポート機能がエラーを返しました

考えられる原因

考えられる原因として以下が挙げられます。

  • 連絡先グループ内に重複が生じている
  • 連絡先オブジェクトが破損している

連絡先の重複

連絡先グループに重複が生じている場合に、本エラーが発生するみたいです。
メールの新規作成にて、宛先に連絡先グループを追加した状態で、
内部サポート機能がエラーを返しました
[+]ボタンから展開し、以下のようなエラーが表示された場合、連絡先グループに重複した連絡先が存在する可能性があります。
内部サポート機能がエラーを返しました

そのため、連絡先グループから重複した連絡先がないかどうかを調査または連絡先グループの再作成を実施すると、改善するかもです。

連絡先オブジェクトの破損

連絡先グループに含まれている連絡先オブジェクトが破損している場合、Outlook側で「連絡先オブジェクトの不整合じゃね?」という誤解が生じ、メール送信にストップをかけるような動作が発生します。

ここで注意なんですが、既に存在していないメールアドレスが含まれている場合は、Outlook側ではなく、サーバー側でNDR(配信不能)メールが返されますので、連絡先オブジェクトの破損には含まれません。

対処法

ここでは、連絡先オブジェクトが破損している場合の対処法をいくつか記載しておきます。
連絡先オブジェクトなので、オフラインアドレス帳の再ダウンロードやOST含むプロファイルの再作成が有効な手段です。

OABファイルの再ダウンロード

■OABファイルの削除
1. \Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Microsoft\Outlook\Offline Address Books フォルダーを開きます。
2. *.oab ファイルを削除します。

■OABファイルの再ダウンロード
1. Outlook クライアントを起動します。
2. 左上のファイルタブを開きます。
3. [アカウント設定] – [アドレス帳のダウンロード] を選択します。
4. [前回の送受信以降の変更をダウンロードする] のチェックを外します。
5. [Offline Global Address List] が選択されていることを確認します。
※ [完全な詳細情報] 項目がある場合はチェックを入れます。
6. [OK] を選択します。

差出人キャッシュの削除

Outlookクライアントの差出人キャッシュを削除します。

■差出人キャッシュの削除
1. [スタート] – [すべてのプログラム] – [アクセサリ] – [ファイル名を指定して実行] の順にクリックします。

2. 検索ボックスに以下の内容を入力して [OK] をクリックします。
outlook.exe /CleanFromAddresses

OSTファイル含むプロファイルの再作成

本事象が発生しているOutlookプロファイルに紐づいたOSTファイルに何らかの破損が発生している場合があります。

■OSTファイルの削除
1. Windows 画面の一番左下、[スタート] ボタンをクリックして [コントロール パネル] をクリックします。
2. 表示方法を [大きいアイコン] に変更し、[メール] をダブルクリックして開きます。
3. [メール設定] のウィンドウで、[データ ファイル] をクリックします。
4. [ファイルの場所を開く] をクリックします。
5. [新しいフォルダー] をクリックし、任意の名称のフォルダーを作成します。
6. 項番 5 で作成したフォルダーに、表示されているファイルとフォルダーをすべてドラッグ&ドロップで移動します。
7. [アカウント設定] ウィンドウを [閉じる] で閉じます。
8. プロファイルを新規作成
  参考情報:Outlook で電子メール プロファイルを作成および構成する方法

スポンサーリンク