Exchange Online 会議室への予約依頼を特定ユーザーに限定する方法

どうも、Miyaです。

Exchange Onlineでは、会議室に対して予約依頼する際の制約を細かく設定することができます。
結構多くのお客様から、「特定の会議室は○○部のみ予約できるようにしたい」なんてお言葉をいただきます。
今回は、特定の会議室への予約依頼を、特定許可グループのユーザーのみに特定する方法をご紹介します。

スポンサーリンク




会議室への予約依頼を特定ユーザーに限定する

まず、会議室に予約依頼させたいユーザーをまとめたセキュリティグループを用意しましょう。
AllBookInPolicy

AllBookInPolicy

次にPowershellからExchange Onlineに接続します。

下記コマンドから、会議室への予約を作成したセキュリティグループのみに行われるよう設定します。

参考サイト:https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd335046(v=exchg.160).aspx

ちなみに、このコマンドは何をしているかという、AllBookInPolicyオプションをFalseとすることで、ポリシー内予約出席依頼を自動的に承認しない設定となります。
但し、この設定を投入するだけでは、全ユーザーが会議室に対して出席依頼が承認されないため、一部承認を許可する設定をBookInPolicyで設定しています。

権限のないユーザーからの予約

会議室に設定を投入したところで、動作を確認したいと思います。
まずは、ポリシー内の予約依頼が承認されないことを確認します。

会議出席依頼から会議室を選択して、送信すると、「このリソースを予約するためのアクセス許可がありません。」と記載されており、辞退が返信されているのが確認できました。
AllBookInPolicy

権限のあるユーザーからの予約

それでは、先の手順でBookInPolicyとして設定したセキュリティグループのユーザーから会議出席依頼を送信します。
AllBookInPolicy

権限のないユーザーでは辞退されましたが、こちらのユーザーからはしっかりと承認されていることが確認できました。

OWAからの設定

ちなみに本設定は、OWAからも設定することが可能です。
ただし、前準備として会議室に対してフルアクセス許可が設定されていることが前提です。

フルアクセス権が付与されたユーザーでOWAにログインします。
右上のマイアカウントをクリックし、[他のメールボックスを開く]から会議室を開きましょう。
AllBookInPolicy

会議室メールボックスを開いたら、OWAのオプション⇒[リソースのスケジュール設定]を開きます。
[スケジュールのアクセス許可]の赤枠から設定することも可能です。
AllBookInPolicy

スポンサーリンク

コメントを残す

*