Microsoft

5/15ページ

Office365 フェデレーションIDについて考える

Office365を導入するにあたって、大きな検討ポイントが「ID管理をどうするのか?」というところがあります。 Office365のID管理形態はクラウドIDとフェデレーションIDの二つの形態が存在し、それぞれのメリット・デメリットが在ります。 Office365導入検討時期では、自社の規模やセキュリティポリシーを精査し、どちらのID管理形態が最適かを選定する必要があります。 グローバル企業なんかでは、MIMによるID同期や、各支社のAD同士で信頼関係を構成してID統合を図り、Office365を導入する企業も在りますね。 本記事では、Office365のID管理形態の概要と、フェデレーションIDについて少々掘った内容を記載しています。

Windows Server 2016 Active Directory サイトとレプリケーションの概要①

AD Active Directory

大規模な組織であれば、地理、ネットワークの観点から、複数拠点にDCを配置する必要があるでしょう。 そこで、管理者はレプリケートの計画を立てる必要ためにも、サイトという概念を理解しなければなりません。 本記事では、Active Direcotryのレプリケートの仕組みから、サイトの構成までを解説します。

Office ProPlus を展開しよう! ~設計編①~

これらの変更は非常にやっかいなのに、Office365のサポートポリシーの発表もあってか、大ブーイングですね。 しかし、導入せざる負えない状況の場合、展開方針や更新管理を管理者側でキチっと設計する必要があります。 本記事では、Office ProPlusを導入するにあたり、設計すべきポイントを纏めた記事になります。

1 5 15