Office 365

5/6ページ

Office365 パススルー認証 コネクタの冗長化

パススルー認証ですが、社外NW(DCにアクセス出来ないNW)からの認証の場合、DCへの認証の検証をMicrosoft AAD App Proxy Connectorが行います。 つまり、コネクタがダウンすると、トークン取得のための検証が行えません。 そこで、AADConnectにインストールされているMicrosoft AAD App Proxy Connector以外のサーバーでコネクタをインストールしておく必要があります。 本記事では、コネクタをもう一台別のサーバーに設置することで、片系がダウンしても認証が出来るようパススルー認証の構成を組んでみたいと思います。

Office365 パススルー認証 Officeクライアントからの接続

AADConnect+パススルー認証によって、シームレスなSSO構成と、社外アクセスからでもオンプレADでの認証が実施可能な環境を構築しました。 前回の記事では、ブラウザからOffice365へのパッシブ認証のデモストレーションをお見せしました。 今回は、Officeクライアントからのシングルサインオンのデモストレーションをお見せしたいと思います。 Officeクライアントからシングルサインオンするには、サーバー側とクライアント側で設定が必要になります。

Office365 AADConnectのパススルー認証によるSSO構築①

前回の記事では、Office365で構成できるID管理の種類についてご説明しました。 その中でも、オンプレADで認証を行うフェデレーションIDを実装したいと思います。 実装するにあたって、AADConnectというMIMの簡易アプリケーションソフトを使用して、Office365へのディレクトリ同期&シングルサインオン構成を実現したいと思います。 それでは、レッツゴー(´_ゝ`)

1 5 6