Office 365

4/7ページ

Office ProPlus を展開しよう! ~設計編①~

これらの変更は非常にやっかいなのに、Office365のサポートポリシーの発表もあってか、大ブーイングですね。 しかし、導入せざる負えない状況の場合、展開方針や更新管理を管理者側でキチっと設計する必要があります。 本記事では、Office ProPlusを導入するにあたり、設計すべきポイントを纏めた記事になります。

Active Syncで他の人の予定表が参照できるようになりました

従来のActiveSync接続でのカレンダー同期は自身の予定表のみしか同期されず、他人の予定表を参照するにはOutlookやOWAを介して参照する必要がありました。 しかし、今回のアップグレードによって、モバイル端末のカレンダーから他人の予定表が参照できるようになりました♪パチパチッ 但し、2017年9月現在では改修中となっており、本機能(Sharing Calendar)を反映されるにはひと手間必要みたいです。

Exchange Online 会議室の予定アイテムに「件名」が表示されない

Exchange Onlineにて会議室メールボックスを新規作成すると、権限が"AvailabilityOnly"のため、"予定あり"としか表示されません 仮に予定表フォルダーへのアクセス権を変更しても、予定アイテムに「件名」が表示されず、「予約者名、場所、予約者名」が表示される場合があります。

Exchange Online 自動転送時のエンベロープFromについて

Exchangeには、何種類かメールの自動転送の設定がありますが、自動転送の種類によってはエンベロープFromが異なるため、運用の中で自動転送をされているのであれば要注意です。では、何故エンベロープFromを気にする必要があるのかと言うと、以下のようなサードパーティ製のメールゲートウェイを利用している場合に、エンベロープFromが契約外ドメインという理由で送信エラーになることがあるからです。

Exchange Online 会議室への予約依頼を特定ユーザーに限定する方法

Exchange Onlineでは、会議室に対して予約依頼する際の制約を細かく設定することができます。 結構多くのお客様から、「特定の会議室は○○部のみ予約できるようにしたい」なんてお言葉をいただきます。 今回は、特定の会議室への予約依頼を、特定許可グループのユーザーのみに特定する方法をご紹介します。

1 4 7